あすなろフレームで木のある生活

木づかいって何?

軽い、加工しやすい、さわやかなかおりがする、などの特徴を持つ素材、「木」。
日本の森で育ったスギとヒノキで作った、今までにないレジンフレームが誕生しました。
その名も、「あすなろフレーム」。
シンプルであたたかみのあるパーツなので、ナチュラル、アンティーク、和風など様々なテイストにアレンジできます。
あなたも、あすなろフレームで新しい作品づくりにチャレンジしてみませんか。

あすなろフレームは

あすなろ手芸店が企画・デザイン・自社製造した、オリジナル手芸用パーツです。

お客様の声
あすなろフレーム注意点

【脱落の可能性について】

あすなろフレームの側面はレジン液が染み込みにくいように炭化しております。
土台パーツを使わず、枠のみで作品を作る場合、硬化したレジンが枠から抜け落ちる可能性があります。

【対処法】

以下のようにすると、定着しやすくなります。

  • 側面にプライマーやメディウム等を塗り、レジン液の定着性を高める。
  • 側面の炭化部分を粗目の紙やすりで削り、毛羽立たせる。

また、レジン液硬化後に枠から抜け落ちてしまう場合は以下の方法をお勧めしております。

  • 全面または裏面にも覆うようにレジン液を塗る。(炭化していない白木の部分はレジン液が定着しやすくなっています)
  • 抜け落ちたレジン本体の側面に接着剤やレジン液を付けて、枠と接着する。
作り方レシピ01
作り方レシピ02
土台付きと土台無しの違い